コンサートイベント科 ブログ個別記事(コンサートスタッフ 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 コンサート・ライブハウス業界のプロをめざす人の情報ブログ コンサート・イベント科ブログ

オープンキャンパス+体験入学

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

入学前〜就職

2007年11月23日 入学前〜就職

3連休の初日いかがお過ごしですか?ヨシノです。

あ、2年生は明日実習があるから飛び石連休ですね。

私は家でのんびりしていました。
今日は学校がお休みなのでちょっとお話を。

よく体験入学に来た学生さんから
「入学前までになにを準備していたらいいですか?」と聞かれます。
私の答えとしては、音楽をいっぱい聴いて、ライブに行ったり
音楽の事をいっぱい考えてくれていればいいと思いますが、
もうひとつ大切な事があります。

これは、今の1年生2年生にもいえることで、卒業までに
とにかくのばして欲しい能力のひとつです。

それは
「大人と付き合い話すこと」です。

在学中から現場に出る機会もありますし、
もちろん卒業後は就職して社会の一員として働くわけですが
当然付き合う相手は大人です。

大体25〜45歳ぐらいの方ではないでしょうか?

で、この人たちと付き合うのに何が必要かというと
「常識」です。

高校生の方やいまの在学生のみなさんが持っている常識ではなく
先ほど挙げた年齢の方が持っている常識を身につけて欲しいのです。

これは話し方、行動など全てにおいて感覚や価値観が違うのです。

オヤジギャクはなぜさむいのか!?
言ってる本人はおもしろいのです。でも聞いているみなさんはさむい。

これこそ価値観の違いです。

待ち合わせ場所で何気なく座っていた。

おじさんたちには「今の若いモンはすぐにどこでも座る」と思うでしょう。

でも、みなさんは座る事に悪気もないし、普段の行動の一部なのでしょう。

でも、これが大人との常識のズレなのです。
ですからこれが理解出来ないと、現場で先輩に怒られても、
何で怒られているか理解できませんし「は?逆ギレですか?」と思ってしまったりするわけです。

でもこの大人の常識なんてものはすぐに身に付くモノではありません。
たくさんの目上の方、すなわち大人と接する事で少しずつ理解し世の中の常識を理解出来ていくわけです。


この「常識」というスキルを入学前から卒業まで徐々に上げていく事で
現場で先輩方に可愛がってもらえる新人になれると思っています。


n-46682144 at 22:35 | この記事のURL | |