コンサートイベント科 ブログ個別記事(コンサートスタッフ 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 コンサート・ライブハウス業界のプロをめざす人の情報ブログ コンサート・イベント科ブログ

雨男?晴れ女?

2007年05月17日 雨男?晴れ女?

7b9608da.jpg 昨日の報告です。毎年この時期は、大田区洗足池で、人間国宝の先生とそのお弟子さんが橋を舞台に篠笛(しのぶえ)や鼓など演奏する野外コンサート「春宵の響き」
 うちの学科はPA・照明、他の学科でも舞台製作・映像収録など学生スタッフが担当しました。

 このイベントはさ、うちの学科では今の所唯一の野外仕込み。野外だとさらにいろんな事を考えなければいけないワケね。まずは天気。もちろん良いに越した事ないんだけど、ドピーカンだと熱いし日焼けもするし(特に女子が多いうちの学科は要注意!)、かといって雨はもちろん困る。和楽器の場合は木製のものが多いので水気は大敵。今までのこのイベントでもちょっとした雨でも予定を変更したりする事がありました。今回は降水確率がほとんどない所からスタート。ところが『ホントにこれ雨降んないの??』ってくらい怪しい雲行き&風。ケータイで調べてみると時間を追うごとにどんどん降水確率があがってくるし、暗くなってくるし、風は吹いてくるし。しまいにゃ「ゴロゴロゴロ・・・」と鳴ってくるし。 でも結局雨だけは免れました。皆の日頃の行いの良さとしておこう。

本番直前(改)









真ん中(改)
そういえばこのイベントのクライマックスに、舟の上で横笛を吹きながら皆さんの演奏に加わってくるというのがあるのね。そのチェックを舟師と主催者側のスタッフとで行っていたら、譜面台を池に落っことしちゃったね。去年は和楽器の音だけが鳴り響き、2000人以上のお客さんがシーンと聴き耳を立てているという荘厳な雰囲気の中、池の主のカモくんとアヒルさん達も合わせて歌い始めちゃったのね。お客さんもスタッフも思わず笑いそうになりながら、雰囲気を壊しちゃいかんと見んだ必死で我慢してる。それがまたおかしくってね。
>橘
 
船













結構回数を重ねているので色々な事があるんだけれど、毎回お初な出来事も。
今回は余程気候が良かったのか、池の周りの木々の枝振りや葉っぱの生い茂りが凄くってね。照明を仕込むのに葉っぱやら枝やらに掛かって、良い所が見つからんわけ。そこに初めて植木屋さんが出動。「都合が悪いところがあったら言ってね。切っちゃうからさ!」と結構遠慮なくその場でバサバサ切り落としちゃってました。「あらら、ホントに良いの?」と思いつつ、ありがたさを感じた照明さん。
 それにしても結構寒かったな。最近すっかり夏日が続いていたじゃない。例年「本番中とそのあとの撤収は寒くなるからさ」と注意しているこちらも、今年はいくら何でも大丈夫じゃないかなぁなんて思ってたのね。ところが風は結構遠慮なく吹いて砂ぼこりとか凄くって。
 なんだかんだがあって無事終わりました。
うちの実習では唯一の野外イベントなので参加した皆は結構いい経験になってる筈。この業界はこういった野外でのお祭りなどでもたくさん仕事するから、きっと役に立つ時が来るよ!

n-46682144 at 23:31 | この記事のURL | |