コンサートイベント科 ブログ個別記事(コンサートスタッフ 専門学校)

音楽で人を幸せにする。



蒲田 八王子 2年制 コンサート・ライブハウス業界のプロをめざす人の情報ブログ コンサート・イベント科ブログ

オープンキャンパス+体験入学

ブカツ応援プロジェクト 高校生バンド 音楽系部活 楽器初心者 高校生ダンサーたちをプロ講師が無料でレッスン! 随時受付中!

巨大ライブ!

2006年03月20日 巨大ライブ!

皆さんは大規模なライブって言うとどんなものを思い出しますか?
 GLAYの幕張メッセの駐車場の特設会場で行われた20万人と言われている日本の金字塔になっている"サバイバル"? ラルクの9万人×2DaysのGrand Cross Luna SeaのMay Stormという台風並みの嵐で、セットから何からなぎ倒されてしまうという大事故に見舞われたCapacity∞(実際は10万人くらい?)その辺がミレニアムを前にした1999年に、巨大ライブが流行っていた頃の主なもの。それより前になるとずっと遡り、1986年のThe ALFEEのSwet & Tearsがやっぱり10万人規模。
 渋い?人は伝説のウッドストックの55万人、もうちょっと音楽通なら1984年のUSフェスティバルっていうのが3Daysで70万人なんてのを知っているはず。日本ではやっぱり狭いお国柄って言うのがあるけれど、海外では10万人規模のライブ(しかも今風でいうなら野外フェス)って言うのは結構あるんです。このブログで紹介したものだけでも、先週のMichel JaksonやACDC、U2(なんと来日ドタキャン!)なんかも巨大ライブはお手の物って感じだしね。
私が知っている限りで一番巨大(これは無料ライブだけれど)なのは、ブラジル・リオデジャネイロのコパカバーナビーチで1994年に行われたロッドスチュワートのライブが350万人(明治神宮の初詣の人出じゃないんだからねぇ・・・)という、嘘みたいな数字が記録として残っています。今回紹介するのは、先週来日した巨大ライブと言えばこのロックの巨人達。この業界を目指すならさけては通れません!?皆の世代はともかく、皆が憧れている人たちの世代からしたら必須科目みたいなものかな。それは・・・
Bridges To Babylon Rolling Stones

 そうそうストーンズですよ。先月もロッドスチュワートと同じビーチで120万人(こちらは有料)と、隅田川の花火大会の見物人よりも多いってくらいの人数。よっぽどブラジル人は一カ所に集まるのが好きなのか?
 そんなライブを引っさげての今回の来日。セットに莫大な金をかけてしまったのでチケットの値段がロックのドーム公演としても破格の18000円也。全くオペラやバレエやクラッシックじゃないんだからね。でも年喰ったナイスミドル(というかもはや還暦)の人達はお金もっているからチケット即完だったしね。もちろん中身はそのお金にあった、それ以上のものは見せつけてくれるわけなんだけれど、皆のお財布事情からしてみたら、オーバー還暦ズのライブにそんな大金払えんよね。

 ということでお勧めするのがそのストーンズのライブビデオ。最近のライブってわけでもないけれど、有名なセットデザイナーのマークフィッシャーという人が関わる様になってからの作品で、DVD化されているのがこれだけなんですわ。ロックの巨人達のパフォーマンスがバッチリ楽しめる。オープニングの特効キッカケでキースのSatisfactionのイントロをかき鳴らしながら登場!なんてとてつもなくベタなんだけれど、カッコ良くないワケがないんだよね。私はそんなにストーンズに思い入れはないので、ミックやキースよりも一番好きなのはロニー(ロン・ウッド)のお洒落度がいいなぁと思っている。それよりも何よりもライブの凄さは来ん仕事をする様になって改めて思い知らされた次第。昔の私じゃ120万人なんて数もどれだけその数が凄いのかが分からんわけだけれど、今だったらそのとてつもない意味だけは分かるもんね。
 このDVDのハイライトはなんといってもBridge。突然ステージからにょきにょきとのびてくる橋。何度見ても『ハシゴ車(消防車の!)かぁ???』っていう感じのモンなんだけれど、それがメインステージからセンターのミニステージ(いわゆるデベソ)まで伸びて、そこをメンバーが渡って行くという所。まぁキャットウォークとか花道とかに工夫を凝らしていたステージは他にも色々あるんだけれど、ここまでそのコンセプトを前面に打ち出して、ツアータイトルにまでしているのは確かにこのライブくらいかな。その場面が終わると後はエンディングまでノリノリのロックフェスティバルが展開されて、最後は花火で華麗にド派手なエンディングと、まぁ分かりやすくも有り難いパフォーマンス。ロックが好きというのであれば、エンタテイメントのショービジネスに身を置きたいというのであれば、ぜひとも見ておきなさい。

 と。あんまり強制するのは好きではないし、私自身も前述の通り特に好きなアーティストというわけでもないんだけれど、やっぱり60超えてもロックし続けて、しかも自分たちが30年以上も前に書いた曲を未だにやり続けていて、これだけ大勢の客を動員出来てしまうっていうのは、否定出来ない格好良さがあるよね。皆のオヤジどころかジイジくらいの人たちがJampin' Jack Flashなんだよ。是非皆も見習うベキじゃない?もちろん私は見習って行こうと思っているけどね。そんで死ぬまでkeep Rollin' でしょ。お互い頑張りましょ。

n-46682144 at 10:10 | この記事のURL | |